夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない( Tシャツ )

私の敬愛するシュルレアリスムのキング【 ジョルジュ ・ デ ・ キリコ 】の特に好きな作品【 街の神秘と憂鬱 】からイメージしました




デ・キリコの絵は「どこかでみた風景」とよく言われます




精神分析に「既視感」とか「既体験感」といった言葉がありますが、デ・キリコの作品は似たような反応を呼び起こし、不安や郷愁で困惑させられ不思議な力で惹きつけられるのです




シュルレアリスムとは超現実主義という意味の造語です




現実を無視したかのような世界を絵画や文学で描き、まるで夢の中を覘いているような独特の非現実感は見る者に混乱、不可思議さをもたらします




まさにデ・キリコはそれを体現する画家だと思います




意図的に不可思議な遠近法や構図、見たことのあるような風景に突如現れる異物や影だけが生きているような静けさ等により見る者の感情をグシャグシャにして違和感を覚えさせる天才です




違和感をブランドコンセプトとしている私にとってはマグリット等と並び王様クラスの画家です




そんな彼の作品の中でも特に有名で私も好きな作品【 街の神秘と憂鬱 】からイメージしました




絵画的には誇張されたあるいは分散された奇妙な遠近法が用いられていますが、車輪で遊ぶ少女や空っぽの荷車、そして姿の見えない長い影など、不思議な静寂感とあいまって様々な感情を引きおこしてくれます




私はその中でも車輪で遊ぶ少女に焦点を合わせました




少女の無邪気さがあるからこそ、静寂した街と長い影との違和感が生まれていると思いました




私は彼女のように不思議な世界に迷い込んでしまった少女が他にも居て、彼女達がその世界で一緒に遊んでいたら より不可思議な世界に行ってしまうのではないかという妄想をしました




影と影が合わさり、何処からが現実で どちら側が影なのか分からないような違和感を覚える世界




だけど彼女達はそんなことには気づかず、夢中になって遊んでいるうちにドンドンその奥に迷い込んでいってしまうような




そんなイメージから着想しました

¥ 5,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。