毒麦を蒔く悪魔  ( Tシャツ )

ベルギーの画家 フェリシアン・ロップスの【毒麦を蒔く悪魔】へのオマージュです。



ロップスの作品の中でも私が一番惹かれている作品です。


彼の作品は風刺的、又は宗教的な要素に 【死】 【セックス】 【悪魔】 【SM 】 などの刺激物を取り入れることで出来上がる甘い香りの麻薬的で悪魔的な作品が特徴です。


1888年には、ナポレオン1世の設立した、フランス最高の栄誉である「レジオン・ド・ヌール勲章」を授けられましたが、

その三日後に、彼の挿絵を収めた書が、風俗壊乱の罪で押収処分を受けたという事件もあります。


ロップスは、裕福な織物工場主の息子で、父は自らデザインを手がける芸術家だったそうです。


子供のころは厳格なカトリック信仰を教え込まれていましたが、

頭が良く感受性の強いロップス少年は、光のある場所には必ず影があることを感覚的に理解していたのでしょう、

カトリック信仰の一方で悪魔学の文献も読んでいたそうで、成長するにつれ、次第に反教義的な考えを強め、

常に故郷ベルギーでの生活、ブルジョア的モラルすべてから逃避し続けました。



ロップスが生きた時代は、世紀末の退廃的雰囲気が、

心の内に潜む悪=悪魔への人々の関心を高めていました。


ロップスは1882年制作の「悪魔的なるもの」(Les Sataniques)5作品をはじめ、

「悪魔」を主役に置いた作品を数種制作しています。


ここでは、悪魔がばらまく悪の種=人間の子供(人間の根源の業)、という主線により、

悪魔=人間の奥に潜むもの、という観念を際立たせています。


¥ 5,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。