私の右手を知りませんか

私のご主人は右利きで、私はナニかとこき使われるのです


ご飯も、ペンも、トイレで下の世話をするのも、オ〇ニーの時も


この先 一生こんなことを続けさせられるのかと考えたらゾッしました


だから私は逃げ出しました


ご主人が左利きのあの娘とよろしくやってる その隙に


これから私は私の為だけに この手を使います


入れたかった TATOO も入れて


履きたかったストッキングも穿いて


なんて妄想を、久々にブルーハーツを聞いた時に着想しました

¥ 5,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。